トップ > 部門紹介 > Interventional Radiology(IVR)
  • 医局紹介
  • 医長挨拶
  • 沿革
  • 医局員紹介
  • 医学生教育
  • 講義
  • 実習
  • 研修案内
  • 概要
  • 初期研修
  • 後期研修(専門医コース)
  • 専門医取得までの流れ
  • 専門医とは?
  • 部門紹介
  • 画像診断
  • IVR
  • 放射線治療
  • 研究
  • 業績
  • 放射線医 募集 募集内容はこちら
  • 放射線科公式ブログ
  • 宝箱 医局員限定

部門紹介

Interventional Radiology(IVR)

概要

放射線診断学の技術を治療に応用した分野で、低侵襲性治療の代表ともいえるものです。
IVRは大きく分けて、血管腔を介して病変部へ到達し治療する血管性のIVR(vascular IVR)と、血管を介さずに経皮的に直接病変部に到達する非血管性のIVR(non-vascular IVR)とに分けられます。血管内治療はよく耳にする言葉ですが、血管性IVR(vascular IVR)の中に含まれる治療手技です。

診療と教育

経験豊かな指導医による充実した教育が受けられます。術前後の定期カンファレンス、術直前のコメディカルとの直前ミーティング、20種類に及ぶ同意書、教科書の行間を埋める手技ポイント集など、IVRの経験を無駄にしないシステムを心がけています。
血管造影装置はIVR/CTを有し、フラットパネルDSA装置も使用可能です。超音波装置も血管造影室に常備されています。
コメディカルのレベルも高く、検査中も充実したサポートが得られます。

指導体制はIVR専門医(3名)、支援体制は IVR認定技師(3名)、IVR認定看護師(1名)です。